2010スキルアップランキング

2010年8/22以降の大会結果は左記リンクボタンからブログで参照ください
選手 R-1 R-2 R-3 R-4 R-5 R-6 R-7 R-8 総計 rank
奥本貴志 5 5 14 19 40 16 5 40 144 1
梛木伸幸 5 17 39 29 5 5 39 139 2
徳永 修? 28 37 5 5 19 5 29 128 3
中村隆司 5 38 5 5 40 5 18 116 4
西尾昭徳 5 40 5 5 33 5 17 110 5
下大田健人 20 29 25 5 30 109 6
中村祥也 5 40 40 85 7
加藤幸二 5 26 18 24 5 5 83 8
吉原宏明 5 5 12 5 19 5 16 5 72 9
伊東憲司 5 5 28 18 56 10
鳥居真好 5 23 18 5 51 11
菱田正勝 5 40 5 50 12
大橋勇年 5 5 5 5 27 47 13
富澤貴浩 5 5 11 5 5 5 5 5 46 14
平野 正 5 5 5 5 5 5 5 5 40 15
渡辺 篤  5 5 15 25 16
木下聡一郎 5 5 0 5 5 20 17
高橋哲也 5 5 5 15 18
福澤明広 5 5 5 15 18
人見 和 5 5 10 20
渡邊高康 5 5 10 20
レイニー 5 5 22
坂巻健悟 5 5 22
諏訪園裕也 5 5 22
土屋 誠  5 5 22
山田慎也 5 5 22
総計 90 169 310 181 132 222 89 203 1396
 2010年第6回 TBCスキルアップミーティング & 陸っぱり大会

8月8日 大江川&周辺野池にて陸っぱり大会が開催されました。
真夏の大会ということもあり、時間帯は日の出から早朝の間に設定。
緊張感のあるスタートです。

<特別ルール試行中>
@トッププラグでウエインした方に+10点(1キロアップと同等の得点)
A受付スタート時にtbc本部が用意したワームでウエインできたら+10点(1キロアップと同等の得点)
今回はバークレーのパワーホッグを準備しました。
メンバーの皆さんが苦手意識のあるルアーをスキルアップミーティングの中でレベルアップできたら
という思いと年間順位の残りシーズンのゲーム性を高めるのが狙いです。

天候も曇空で、ほど良く風もあり、好条件でした。開始早々、ウエインコールが
殺到し絶好調!早朝のトッププラグでの反応も良く、私も大江川
中流域で40upを小型ポッパーでキャッチ成功!
やはり早朝2時間が勝負時で40〜45upのキャッチが集中しています。
参加者全員が色々なルアー、リグで大江のバス釣りを楽しんでいます。
猛暑から暑さが少しやわらぎ始め、夏パターンが安定して釣果に出ています。

さっそくトッププラグでは加藤さん、西尾さん、中村さんがキャッチ成功!
大橋さんもパワーホッグでキャッチ成功です。

当日の結果は以下の通り。
競技時間 4:30〜9:30 天候 曇
参加人数 12名 ウエイン 9名 検量魚 18尾
協賛:ルアーショップおおの
<名前>  ウエイト 時刻 <場所>     <ルアー>
加藤幸二 240g 4:40 中江川(上流)     POP X
大橋勇年 480g 4:40 中江川(中流)     パワーホグTX
平野 正 940g 4:40 大江川(チューリップ) スゴイスプラッシュ
中村隆司 1550g 4:45 大江川(下流)  カットテール4"ネコリグ
中村隆司 960g 4:55 大江川(下流)  カットテール4"ネコリグ
徳永 修 570g 5:00 中江川(上流)  ダイソーバイブレーション改
徳永 修 970g 5:20 中江川(上流)  スパイニークローラーネコリグ
渡辺 篤 690g 5:40 大江川(チューリップ) マイクロクローラーDS
伊東憲司 1160g 5:45 ヨット池 スワンプJHワッキー
奥本貴志 210g 6:45 大江川(万寿)  セクシーアンクルLDS
中村隆司 980g 6:50 大江川(下流)  カットテール4"ネコリグ
奥本貴志 560g 6:55 大江川(万寿)  セクシーアンクルLDS
大橋勇年 360g 8:00 中江川(中流)     パワーホグJH
西尾昭徳 180g 8:15 中江川(上流)     POP X
加藤幸二 350g 8:20 中江川(中流)     スティールハントDS
中村隆司 210g 8:30 中江川(上流)  スゴイスプラッシュ
西尾昭徳 240g 9:03 中江川(上流)     マイクロクローラーDS


メンバーの皆様、お疲れ様でした。
上位入賞者の皆様、おめでとうございます。
ウエインする事に意義アリ!!

東海バスクラブ 平野 正


1位 中村隆司さん
ロッド:メガバス F0-68XS
リール:バイオマスター2500
ライン:スーパーハード 5lb
ルアー:カットテール 
ノーシンカーワッキー
アクション:岸際フォール


2位 徳永 修さん
ロッド:テクナAV60ML
リール:スコーピオンXT
ライン:フロロ 8lb
ルアー:ダイソー
バイブレーション改
アクション:リフト&フォール

ロッド:テクナGP62L
リール:ルビアス2506
ライン:フロロ 5lb
ルアー:スパイニークローラー
ネコリグ
アクション:シェイク&ステイ


3位 伊東憲司さん
ロッド:GルーミスIMX
リール:シマノ
ライン:ハードブレイカー 4lb
ルアー:スワンプJHワッキー
アクション:シェイク
     

    

 

 2010年第5回 TBCスキルアップミーティング & 陸っぱり大会

7月18日 大江川&周辺野池にて陸っぱり大会が開催されました。
東海地方は、この1週間、雨が続き岐阜県北部では豪雨でニュースにもなっていました。
大江川周辺の河川も増水と激流が発生し、大きい変化の後のフィールドでのゲームを向かえました。
大会前日に梅雨明けとなり、天候には恵まれたが、曇天の状況でバスが散っていた様で、選手は苦戦していました。
夏のエリア、中江川からのウエインが目立ちます。
イマカツからの新製品のセクシーアンクルが当たりルアーでした。

<参考>
今回からトッププラグでウエインできた魚に対して1キロフィッシュと同等の+10点制を試行中です。
皆さんが普段苦手なトッププラグを大会を通じてスキルアップできればという思いで始めました。
競技時間帯は早朝の良い雰囲気の場面があります。
トップを引くメンバーの姿を見ましたが残念ながら該当者がおられませんでした。
(プラクティスでトップで良いサイズをキャッチできていた方もおられました。)
次回もトッププラグ+10点制を続けますのでルアー釣りを楽しみましょう!

当日の結果は以下の通り。
競技時間 5:00〜10:00 天候 曇
参加人数 12名 ウエイン 4名 検量魚 6尾
協賛:ルアーショップおおの
<名前>  ウエイト 時刻 <場所>   <ルアー>
吉原宏明 850g 5:40 中江川    セクシーアンクルネコリグ
吉原宏明 400g 6:10 中江川    フリックシェイク3.8"JHワッキー
鳥居真好 240g 6:30 東大江川   ケムケムスモラバ+ケムケムシャッド
奥本貴志 450g 7:10 中江川  マイクロクローラーDS
奥本貴志 1040g 7:40 中江川  セクシーアンクルDS
平野 正 240g 8:00 中江川  イングリー スプリットリグ

メンバーの皆様、お疲れ様でした。
上位入賞者の皆様、おめでとうございます。
ウエインする事に意義アリ!!

東海バスクラブ 平野 正



1位 奥本貴志さん
ロッド:エアリアルHP
リール:ステラMGS2500
ライン:HG 4lb
ルアー:マイクロクローラー(ギル)
アクション:リフト&ステイ
ロッド:ガゼル
リール:アルテバラン
ライン:フロロ 8lb
ルアー:セクシーアンクル(レバー)
アクション:リフト&ステイ


2位 吉原宏明さん
ロッド:アリウープ
リール:コンプレックスF4
ライン:スーパーフィネス4lb
ルアー:セクシーアンクル4"
(グリパン)ネコリグ
アクション:ラインで当たりをとる。
ルアー:フリックシェイク3.8"
(日焼けメロン)1.3gJHワッキー
アクション:ミドスト


3位 鳥居真好さん
ロッド:F3-66XS
リール:CALDIA2000
ライン:BASS SEIL 5lb
ルアー:スモラバ+ケムケムシャッド
アクション:スイミング
  
 2010年第4回 TBCスキルアップミーティング & 陸っぱり大会

6月20日 大江川&周辺野池にて陸っぱり大会が開催されました。
 東海地方は梅雨入りし、ここ数日は雨のち曇の天気が続いていました。大会前夜も雨量が多く、フィールドの活性化が期待されます。早朝のゴールデンタイムからゲームスタートしたものの選手は苦戦しました。前夜の雨の影響で大江本流は増水し、下流水門を開け川全体に流れが発生。数日前から初夏のパターンでキャッチの情報があるものの定番エリアからは反応が弱い。
 例年のこの時期に普段狙わないパターンでのキャッチが目立った。水温の高い野池からは奥本選手が状況の渋さからスモールワームのDSリグで2本そろえ、加藤選手もライトリグNSでキーパー捕り。大江本流は周辺野池よりも水量が多く、今年はバスの動きも約3週間ほど遅れている様に感じる。
 菱田選手は本流の垂直護岸を中心に回復しきれていないアフター狙いの戦略で見事に良型をキャッチ!!私も下流域のアングラーのいないエリアでハードルアー1本勝負でいったところ、護岸のエグレから奇跡的に45UPをキャッチ成功!!
 ウエインした選手の結果をみると、瞬時にエリア状況から次のゲームに展開できたかがカギになっている。大江の釣りは奥が深い。同時刻で過ごしたトーナメント経験、結果が大変良いスキルアップになりました。
 バスをキャッチできた人もできなかった人もTBCベテラン勢はゲームを楽しみました。

当日の結果は以下の通り。
競技時間 5:30〜10:30 天候 曇
参加人数 10名 ウエイン 3名 検量魚 6尾
協賛:ルアーショップおおの

<名前>  ウエイト 時刻 <場所>   <ルアー>
菱田正勝 940g 6:50 大江本流   スワンプネコリグ
奥本貴志 700g 6:50 牛池   マイクロクローラーDS
平野 正 1630g 7:15 大江本流 バングオー2"
奥本貴志 470g 7:50 牛池   マイクロクローラーDS
菱田正勝 1310g 8:45 大江本流   デスアダー5"NS
加藤幸二 220g 9:00 中江川 カットテールNS

メンバーの皆様、お疲れ様でした。
上位入賞者の皆様、おめでとうございます。
ウエインする事に意義アリ!!

東海バスクラブ 平野 正


(大江1位) 菱田正勝さん
ロッド:エアリアルHP
リール:イグニス
ライン:フロロ 4lb
ルアー:スワンプ
(WM)ネコリグ
アクション:スイミング
ロッド:ガゼル
リール:TD-Z
ライン:フロロ 8lb
ルアー:デスアダー5インチ(WM) NS
アクション:スイミング&フォール


(大江2位) 奥本貴志さん
ロッド:エアリアル
リール:コンプレックスF4
ライン:スーパーフィネス4lb
ルアー:マイクロクローラーDS
(グリパン/ギルカラー)


(大江3位) 加藤幸二さん
ロッド:セントクロイ66L
リール:ルビアス2004
ライン:ハードコアコブラ5lb
ルアー:カットテールNS
  
2010年第3回 TBCスキルアップミーティング & 陸っぱり大会

5月23日 大江川&周辺野池にて陸っぱり大会が開催されました。
九州地区のメンバーも同時刻の参戦です。

大会当日は雨のスタートになりましたが、その分アングラーが少なく、晴天続きの大江はクールダウンと水の動きが発生し、プレッシャーもかかりにくくなったせいか、良い釣果がでました。
体が濡れ、準備しつらく釣りに集中しにくいコンディションでしたが、メンバーの皆さんは競技時間の間、それぞれ自分のゲームを展開し、次々に良型をキャッチしてゆきました。
以前と違い、確実に釣れなくなった大江ですが、内容の濃いルアー釣り大会となりました。集中力、勝負強さを感じます。

毎年、天候に変化のある、特にまとまった雨量の時に大型のバスが動き、口をつかってきます。
ウエインされた魚も大半が40cm以上で、最大魚は中村隆司さんの2330g(52cm)でした。
陸っぱりから2キロ超えのバスが狙える大江です。今期の中では一番良い大会になりました。

当日の結果は以下の通り。
競技時間 7:00〜12:00 天候 雨
参加人数 14名+5名 ウエイン 7名+3名 検量魚 12尾
協賛:ルアーショップおおの

<名前>  ウエイト 時刻 <場所>   <ルアー>
中村隆司 2330g 7:30 大江最下流  レインズスワンプNS
中村隆司 360g 8:00 大江最下流  レインズスワンプNS
鳥居真好 1260g 8:00 西大江 アライブシャッドDS
徳永 修 1030g 8:30 大江万寿 レインズファットスワンプネコリグ
奥本貴志 870g 8:50 ヨット池 レインズスワンプネコリグ
徳永 修 1350g 9:00 大江万寿 レインズファットスワンプネコリグ
奥本貴志 510g 9:05 ヨット池 フリックシェイクJHワッキー
加藤幸二 900g 9:30 牛池 マドネスSEVEN ヘビキャロ
富澤貴浩 910g 9:40 大江高須 スティールベイトDS
加藤幸二 1060g 10:05 牛池 マドネスSEVEN ヘビキャロ
加藤幸二 940g 10:10 牛池 マドネスSEVEN ヘビキャロ
吉原宏明 950g 11:00 大江万寿 キャンドルテールDSメンバーの皆様、お疲れ様でした。
上位入賞者の皆様、おめでとうございます。
ウエインする事に意義アリ!!

東海バスクラブ 平野 正


(大江1位) 中村隆司さん
ロッド:テムジン イレーザー
リール:バイオマスター2500
ライン:ポリアミドプラス 5lb
ルアー:レインズスワンプ(スカッパノン)ワッキーNS
アクション:中層スイミング


(大江2位) 徳永 修さん
ロッド:テクナGP 62SLJ
リール:ルビアス2506
ライン:フロロ5lb
ルアー:レインズファットスワンプネコリグ(1g, 1.3g)
アクション:シェイク


(大江3位) 加藤幸二さん
ロッド:カリスマスティック KC-66MH
リール:ミリオネア203
ライン:ナイロン14lb
ルアー:マドネス セブン ヘビキャロ
アクション:ズル引き



中村
ロッド:スミス/シリウスGSRー60SB
リール:シマノ/アンタレス5
ライン:TORAY/浜豪力3、5号
ルアー:常吉/スティックシャッド、
ULTX、
スリヌケシンカー1,8g 、パイルドライバー

梛木
・ロッド:テムジンTMJC―65コブラ
・ライン東レスピード12LB
・ルアー:レインズスワンプクローラー
アクション:スティリグ:ヘビキャロ
 
 
  
2010年第2回 TBCスキルアップミーティング & 陸っぱり大会
 

優勝:西尾選手
ロッド:ウォーリアー ツアー
リール:アルデバラン
ライン:おおの 3号
ルアー:チョッパー+アンモナイトシャッド
アクション:スイミング

2位:下太田選手
ロッド:プライムゲート
リール:レボエリート
ライン:
ルアー:ドライブクロー
アクション:一点シェイク

3位:徳永選手
ロッド:テクナGP 62SLJ
リール:ルビアス2506
ライン:フロロ4lb
ルアー:スワンプクローラーネコリグ
アクション:フォール

4位:梛木選手
ロッド:アライバルARS-L
リール:カルディナKIX2506
ライン:フロロ4lb
ルアー:4inグラブ イモ
アクション:フォール
 2010年第2回 TBCスキルアップミーティング & 陸っぱり大会 "スコーン炸裂”

4月25日 大江川&周辺野池にて陸っぱり大会が開催されました。
九州鹿児島の薩摩湖からも同時参戦です。
 最近の東海地方の気候は冷たい北西風に悩まされ、シャローには見えバスの気配が少なく春パターンが読めない状況であった。晴天時に見られた魚は数日前の雨と前日までの強風で見失った選手が多かったが、この日は穏やかで暖かい晴天になり期待が高まる。前回大会は全員ノーフィッシュでもあり、リベンジとなるゲーム開始です。
 大江川一帯に休日のアングラーが多かったが選手は広範囲に散ってゆき、開始30分で最初のウエインコールが入ってきた。ヨット池のシャローエリアから西尾昭徳さんがスコーンリグで春らしい体型の690gをキャッチ!
その後も西尾さんから連続コールでスコーンが炸裂した!ちょうど岸からの最初のブレイクあたりにバスが差してきている様で、同じ様なエリアからキャッチされている。少し場を休めると次のバスが入れ替わりで差してくる様だ。
この日、西尾さんは5尾の良型を掛け、2尾はラインブレイクし3尾キャッチ成功!他の選手からはウエインコールがない中で1人春パターンを的中させていた! スコーンをやり通した西尾さんはエリアによってジグとトレーラーのサイズをコントロールして水深、スピード、底質、ベイトサイズに合わせている様だ!小型でもボリュームのあるスコーンリグは効率良くサーチし、春バスに効く!春定番のスピナーベイトやバイブレーションよりもナチュラルなスコーンがアングラーの多い大江川の陸っぱりウイニングルアーとなった。
 正午に近つき、気温水温も上昇し集合場所近くの西大江で徳永 修さんが720gをキャッチ成功!大江川の上流部は田植えの落とし水の影響で濁りはあるものの春バスは接岸していた。他アングラーも西大江でキャッチする姿が見られた。

当日の結果は以下の通り。
競技時間 7:00〜12:00 天候 晴
参加人数 11名 ウエイン 2名 検量魚 4尾
九州地区 ウエイン 2名 検量魚 2尾
協賛:ルアーショップおおの

<名前>  ウエイト 時刻 <場所> <ルアー>
西尾昭徳 690g 7:35 ヨット池 チョッパー+アンモナイトシャッド
下大田さん 1140g 7:40 薩摩湖 ドライブクローTX
西尾昭徳 680g 8:20 ヨット池 チョッパー+アンモナイトシャッド
梛木 伸幸 260g 8:33 薩摩湖 イモグラブ
西尾昭徳 1270g 10:00 ヨット池 チョッパー+アンモナイトシャッド
徳永 修 720g 11:50 西大江川 スワンプクローラーネコリグ

メンバーの皆様、お疲れ様でした。
上位入賞者の皆様、おめでとうございます。
ウエインする事に意義アリ!!

---------------------------------------------------------------------------
午後からは優勝者の西尾さんエリアの状況を見に行こうと
反省会にメンバーが集まり、良型のバスをやはりスコーンで
キャッチすることに成功!

tbc常連の吉原宏明さんと徳永 修さんが共にスコーンで
キャッチ!! シャロー&かけ上がりがキモの様です。

東海バスクラブ 平野 正

( 大会結果のHP http://ww6.enjoy.ne.jp/~nagi-1111/
)


 九州地区は穏やかな春の日となりましたが、昨年よりも季節の進みが遅い気がします。
 2位の下大田選手は7:40雲間から光が差しだすと者ローエリアの杭が連なり水中の駆け上がりに延びるスポットにドライブクローテキサスを一点シェイクしてナイスバスをキャッチ
 4位の梛木選手は、先週の大隈湖で反応の良かったイモグラブでようやくキャッチ

 
                                             
10年第1回 TBCスキルアップミーティング & 陸っぱり大会
   
3月28日 大江川&周辺野池にて陸っぱり大会が開催されました。
 東海地方は2月末ごろ大変暖かかったが3月中旬から寒さが戻り、大江川周辺は桜が咲きはじめるものの水温が
低く、バスの動きが予想できず苦戦した。結果は全員ノーフィッシュ。バイトはあるもののフックアップにも至らなかった。
 例年の大江本流は水位が低く温まりやすいが、今年の大江は3月中の雨量が多かったこともあり、水量が多い。
数日前から午後は冷たい北西の強風が続いており、シャローの水温が下がり春バスの動きを遅らせている様に思う。
全員で挑んだ春の大江第1戦は惨敗であったが、選手の経験は良いスキルアップになったと思います。
不安定な季節の中、競技時間いっぱいまで、やり抜きましたね!
釣果は出なかったものの、陸っぱりアングラーの精神力、根性を感じました。 ありがとうございました!!
 ゲーム後も悔しさをバネに修行に向かう選手たちが印象的であった。
大会中にバスのウエインはなかったが吉原宏明さんが大型ライギョをスピニングタックルで
キャッチし、フィールドでギャララリーが集まり場が盛り上がった。

当日の結果は以下の通り。
競技時間 7:00〜12:00 天候 曇のち晴
参加人数 12名 ウエイン 0名 検量魚 0尾

東海バスクラブ 平野 正


TBC R1リアルタイム南九州支部 2010.03.28
 南九州は薩摩湖から3名の参加、南九州とはいえ夜半から降りだした雨もあって寒いスタートとなりました。

 ウェインは下大田選手(ジムニー君・またの名を薩摩湖の住民)
・ロッド:ハートランドX ・リール:エアノス2500 ライン6LB
・時間9:39 場所:左ワンド シャローフラットブレイク脇

 待ち遠しかった大会でしたが若干出遅れ寝ぼけながら人のいない左ワンドに移動、3投目にバラシしばらく中りが無くなり、1時間後に入り直すと一投目にキャッチできました。

 梛木選手は終了間際15分前にエスケープツインTXで痛恨のバラシ
 木下選手は終了間際7分前にエコギアストレート5inで杭に巻かれてバラシ (いずれも同エリア)