戻る


岩里祐穂
957年12月3日生まれ。新潟県出身。中央大学文学部史学科卒業後、シンガーソングライターとしてデビューしたのが、この世界に入るきっかけ。作詞家としては、‘83年に、堀ちえみのシングル「さよならの物語」でデビュー。ほかに作曲家としての顔を持つ。今井美樹のほか、中村あゆみ、アン・ルイス、中川勝彦、中森明菜、渡辺満里奈、小泉今日子、浅香唯、中山美穂、金子美香、THE TOPSなど、そのほか多数のアーティストに作品を提供


絵や文章で、自分を表現することが好きだった。

 私は小さい頃は結構おてんばな女の子で、活発まではいかないですけど、失敗しても肩をすくめて笑っているような、お茶目な(笑)子でした。2人姉妹で姉が1人いて、小さな頃は、その姉と一緒にピアノを習いに行っていたんです。姉は譜面を目の前においてキッチリと手を動かして弾くタイプで、私はどちらかというと、耳で覚えて、譜面を見ないで勘でパーッと弾いちゃうタイプ。そういう意味でも、同じ姉妹とはいってもそうとう性格が違いましたね。

 その頃から、とにかく音楽は大好きでした。特に唄うことが好きだったんです。お風呂場でも階段でも玄関でも、どこででも唄っていましたから、ご近所では美空ひばりさんのように有名なくらい(笑)。その他にすきだったのは、イラストを書くことですね。ノートの端とかに小さい頃って、みんなよく落書きをするでしょう?そんな感じで、筆箱とか下敷きとか、どんなスペースでもあれば絵を描いていました。その頃は、特に意識して描いていたわけではなかったんですけれど、いま考えると、それも“自分を表現したい”という気持ちの表れだったかもしれませんね。ですから作文や読書感想文は得意な方でした。“書く”ということは私にとって、ごく自然なことだったんです。

 音楽は高校に入ってから始めたんです。ずっとピアノを習っていましたのでクラシックはやっていたんですけれど、やはり年頃ですからポップスをやりたくなって。当時はギターが流行っていたんですよね。それでギターを欲しがっていたら、母が高校の入学式の日に、お祝いとして買ってくれたんです。でも結局、ギターの方は手先が不器用だったもので(笑)すぐ挫折して。でもそのおかげで私の場合、自分を表現する時は、楽器を通してではダメだということに気づいたんです(笑)。

 それから同じ学校の音楽の好きな友達と、私がピアノを彼女がギターを担当して、2人で歌を唄うというグループを組んで、それで、毎月1回ぐらいのペースで新潟市のホールで新人向けに開催していたコンサートにときどき出演していたんです。当時は、その友達が詞曲を書いていました。私の方は、とにかく“唄うこと”が好きで音楽をやってましたので、まだ自分で詞曲を書こうとは考えていなかったんですね。そのグループは、高校2年から始めて卒業するまでの2年間続けていました。

 大学に入学してからは、やっぱり軽音楽のサークルに入ったんですけれど、友達の影響もあっていろいろな音楽を聴くようになって、ある時、ただそれまで綺麗に唄っていた自分の声がイヤになったんです。それで声を変えようと、コンパでお酒をたくさん飲んでノドを潰そうとしていたら、どんどん歌がヘタになってしまって(笑)。

 サークルに入ってからも、詞曲は全然創っていなかったんです。心の中ではずっと何かを書きたいと思っていて、そういう気持ちをずっと暖めてはいたんですけど書いてはいなくて。それが20才になった時、ある日急に頭の中にメロディが浮かんできて、初めて詞と曲を書き上げたんです。

大学生活での挫折感が、私に詞を書くきっかけを作ってくれた。

 あとになって、自分でもどうしてあのときに急に詞・曲を書き出したのかを、自分なりに考えてみたんです。それはきっと、高校まで新潟で伸びやかに育った私が、大学で東京に出てきて一人暮らしをして、その生活の中で大学にうまく馴染めずに、初めて挫折感を味わうという経験をしたことが、大きく影響したからだと思うんです。軽音のサークルの仲間とは、共通の趣味がありましたので友達はたくさんいたんですけど、クラスにうまく馴染めなかったんです。別に何を失敗したわけではないんですけど、いつも一人でいることを余儀なく強いられてしまう状況から大学生活が始まりましたので、そこで、“寂しい”とか“一人ぼっちだなあ”という感情を、初めて覚えたんですね。そういう人間関係の中で、それまで知らなかった色々な感情や、ただ自分の心の中で“あなたのことを快く思っているわ”だけでは気持ちが通じあえないものなんだということを知って、すごく“言葉は重要なんだ”ということを感じましたし、その時に“想い”を勉強したというか、感じたのかもしれませんね。

 大学時代は、けっきょくサークル以外ではあまり友達はできなかったんですけど、今こういう「作詞」という仕事をしてみて、改めてあの時期に“生きていく上での自分の気持ちの基礎が出来上がったんじゃないかなと思うんです。そう考えてみたら、なかなか挫折することも“いいかな”(笑)なんて思ったりして。挫折感もないと、色々なことを、改めて考えるきっかけをつくってくれることもないわけですからね。

 そうしていくつか詞曲を書きためて、大学を卒業してから“いわさきゆうこ”という名前でシンガーソングライターとしてデビューしたんです。でもアルバム1枚出してみて、唄うことが好きで歌手になりたかったはずなのに、意外と自分が唄うことが好きじゃないというか、人前で唄うことよりも作品を創ることの方が、より自分には向いているような気がしまして。それで、「歌手をやめて、作詞・作曲をするスタッフの方に回ろう」と自分の中で決めたら、すごく気持ちがラクになった記憶があります。
 
 それから、歌手をやっていたときに知り合った人を通じて詞曲を書くようになって、その“いわさきゆうこ”の名前で一番最初に書いた曲が、麻倉未稀さんの「黒いパンプス」というシングルになりました。それから除じょに仕事が入ってくるようになりましたので、翌年から、「これから本格的に作家になるわ」(笑)という旗揚げの意味を込めて変えた名前が、現在の“岩里祐穂”。その名前での最初の曲が、堀ちえみちゃんの「さよならの物語」というシングルです。その頃は、詞と曲の両方を書いていて、友達と一緒のペンネームで創った曲に私が詞をつけるというやり方をしていたんです。そのスタイルは4年ぐらい続けましたね。ですからキャリアとしては7年ぐらいあるんですけれど、そのうちの4年間ぐらいは詞曲の両方をやっていましたので、“作詞家になった”という意識は、そんなに長くないような気がします。
 
 そういうやり方で仕事をやってきて、4年ぐらいしたところで、その友達と「そろそろ独立して仕事を始めようか」という話になって、それで私も、「じゃあ、これからは作詞の方に専念しよう」と思って、自分の中で仕事に対する気持ちの仕切り直しをしたのです。美樹ちゃんと知り会ったのは、ちょうどその頃です。




美樹ちゃんとの出会いと「retour」の詞にこめた想い
 私は、美樹ちゃんの3枚目のアルバム「Bewith」に収録されてる「黄色いTV」から彼女の作品に参加しているんですけど、実はこの曲は、別に依頼されて創ったものではないんです。テレビのCM等で美樹ちゃんを見て、彼女から、とにかく存在感というか、彼女自身しか持っていないようなセンス・物の見方・尺度というようなものが、画面を通して予感して伝わってきて、それで友達の作曲家である上田知華さんと、「彼女って素敵だよね」「彼女に曲を書きたいね」って話していたら、美樹ちゃんが「Bewith」を制作する前の年の暮れごろに、知華さんの方から、「今井美樹ちゃんのイメージで曲を創ったんだけど、それに詞を書いてみない?」ともちかけられて。2人で、それぞれ美樹ちゃんをイメージして創った曲が、この「黄色いTV」。この曲を、レコード会社に直接持って行ったんです(笑)

 実際美樹ちゃんと付き合いだしてみても、彼女は画面を通して見ていたときの印象と、そんな差はなかったですね。自分の中でちゃんとした価値観を持っている人でしたし、とてもセンスもよかった。ただ、思っていたよりも神経がすごく細やかで、まじめでしたね。レコーディングの時なんか、明るく、「ガハハー」なんて笑っていたりするんだけど、仕事に取り組む姿勢がすごくまじめで。むしろ、もう少しリラックスしてもいいかもしれないくらい(笑)。

 ただ、本質的にはアッケラカンとしているところもあるし、男っぽいところもありますね。彼女はとても正直な人なんでしょうね。この3年間の中で少しずつ、精神的な部分で深みのある女性になってきたと思いますけれど、ただそれは、あくまで表面的に柔らかい肉付きの部分が豊かになってきたということであって、今井電気店でセンスのいいパパに育てられて培われた(笑)、本質的な“モノを見る目”とか“生きる姿勢”といったものは変わっていないと思います。
 
 美樹ちゃんに書く詩の内容は、アルバムを出すたびに、私なりに変わってきているんですけれど、例えば「Bewith」の頃の美樹ちゃんは、爽やかだったり自然だったりする、“青い空の下の今井美樹”というようなイメージができていた時期だったと思います。そんな彼女のさりげない、なにげない空気感、それから、ワンルームで一人暮らしをしているといった感じの女の子たちの生活感をうまく書き出したい思って書いていました。

 その次に「MOCHA」で「地上に降りるまでの夜」などを書いた時は、今度はそれまでの今井美樹のイメージを“壊すことによって、可能性を広げたい”という気持ちが、本人を含めてスタッフみんなにありましたので、わざとカッコをつけて大人っぽくしてみたり、25才くらいの仕事もしている女の子の、恋に対してちょっと尖がっているような気持ちを書いたりしたんです。

 彼女の本質とはちょっと違った部分で、大人っぽく、わりとセクシーに創ったアルバムでしたね。その「MOCHA」で今までと違う世界に挑戦することによって、次はもう一度、より今井美樹に近いもので広げようという気持ちで創ったのが、この「retour」です。

日常に近い部分での女性の深い想いを、「retour」では書きたかった

 
90年代は、形とかファッション性なんかよりも、よりその人の中身が問われる時代だと思います。だから、これまでにもまして、詞が重要なポイントになってくると思う。私はこの「retour」には、6つ詞を書いているんですけれど、今回の詞の創るときの大原則は、“大人ぶらない”“カッコつけない”“気どらない”ということだったんです。より日常に近い部分で、女性の“心の風景”や“想い”などを、うわべだけで済ませるのではなくて、どれだけ深く掘り下げることができるかが課題でした。

 そして、大人ぶらないことによって女の子から、もっと違うもの・・・・街や故郷、友達と自分とのかかわり、自分の生きていく上での姿勢とか、彼とのことでも結婚についても考えてみたり、そういう豊かな、視野の広い女性像に成長させることができるんじゃないかと考えたんです。
 
 「retour」の2曲目に「Sol y Sombra〜ソルイソンブラ」という曲があるんですが、それはスペイン語で“光と影”という意味なんですね。いつも思うんですけど、人の心って、本当に複雑ですよね。光が当たれば影ができるように、笑顔の向こうにもいろんな想いがひそんでいる。泣き笑い・・・・みたいなことなんだけど。これまで以上に、そういった奥行きを持たせようと心がけたつもりです。それが美樹ちゃんにおいて、より現実感のあるものにつながっていけばいいなと思ったんです。

 「retour」のテーマは、“新しい自分になる”ということなんだけど、それはきっと、今までとは違ったことにトライする事じゃなくて、もう一度、本当の自分を見つめ直した時に見えてくる本当の気持ちや願いに気づくこと、そしてそれに対して、改めて素直になってみるってことなんだと思いますね。

 私が詞を書く場合は、美樹ちゃんが自分で自分の想いを書くのを違って本人ではありませんから、どうしても想像というか“こういう時、美樹ちゃんだったら、こう考えるだろう”という風にイメージして書くわけです。ただ、美樹ちゃんの場合、例えば「半袖」の中の“清らかな空”というフレーズを、それだけで美樹ちゃんはすごく喜んでくれたんですけど、そんな風に私が綺麗だと思ったものは彼女も綺麗だと感じてくれるような部分で感性が似ているのかもしれませんね。

 美樹ちゃんは、詞の持っている余韻というか“詞の行間”を唄うことのできる人ですから、彼女が唄うことによって私が想像していた以上に、詞の世界を広げてくれるんです。

これからの美樹ちゃんに期待するもの。

 
最近、私は“大人の女性の不良性”というものに関心を持っているんです。そういう不良っぽさを秘めている女性は、ひいては腹をくくって生きているということになるんだと思うんですが、そんな“大人の女性のカッコよさ”や“潔さ”みたいな部分を、彼女の次のアルバムに書いてみたいですね。

 あと、今後時期がくればの話ですが、結婚して子供を生んでも、素敵に生きている人はいっぱいいるし、その中でも恋心は色々な場面でもあると思いますから、今まで唄われなかったそういう女性の感情というものも、唄っていって欲しいですね。まあ、彼女はまだ結婚していないんですけど(笑)。美樹ちゃんは、そうゆう歌になりにくかった部分やモチーフをカッコよく唄える数少ないアーティストの一人と思いますから、今後はそこを期待したいですね。



自分の可能性を、信じてあげることが大切


 私は不器用な方ですから、作詞以外にあちこち手を広げるということは、なかなかできないんですね。今はとにかく、作詞家としてステップアップしていきたいと思ってます。私にとってステップアップというこ特にシングルヒットを出すということではなくて、重要な役割を担うプロジェクトに一つでも多く参加していくことだと思うんです。そういう仕事のやり方で、作詞家としての世界をもっと固めていきたいと思っています。でもゆくゆくは長文にも挑戦していきたいですね。

 個人的には、やっぱり絵が大好きですので、、そのうち油絵の人物画を描いていきたいと思ってます。イラストを描いたりしていると、不思議と気持ちが浄化されるんですね。イヤなこともすべて忘れますし、喜びがあるんです。まぁ、それは個人的な夢なんですけど。そんな風に自分のやりたいことに関して忠実に、自分の可能性を信じて叶えてあげることが大切なんだと思ってます。

    (参考資料、 1990年 フォーライフレコード「efie's」作家ロングインタビューより)

この後ですが、1991年9月 雑誌「BEST HIT」で岩里さんと美樹さんが対談されてます。