福祉用具・事例検討

福祉用具を見に行こう・福祉用具ってすばらしい!へ

脳梗塞ってどんな病気?へ 

事例検討会

福祉用具の基礎
講師:アビリティーズ・ケアネット轄L島営業所所長 井上 剛 氏

 


 介護保険が始まり、誰にでも合いそうなものを出すと言う悪い点が見られます。
 <例>座面にちょこんと座る。
 車椅子は、座面が布地で体重がかかると歪んでしまい、骨盤が乗り圧迫を受け座位が保ちにくくなる。
 <対応策>
  モジュールタイプの車椅子を調整(高さ、幅調節)し、車椅子を身体に合わせる。
  高機能になると車輪の軸を前後へ移動させ、重心の移動をする。  
  
  車軸の前への移動
   車軸が体の真下に来る為、小回りがきくが転倒しやすい。(転びやすいので、転倒防止がついている。)    
  製品の簡単化、コスト削減の為、ほとんどのものがバックレストの下に車軸がきています。
   肩関節が硬い、お年を召した方にはこぎにくい。
  皆さんどうな風にこいでいらっしゃいますか?
  ちょこちょことこいでいらっしゃいませんか?
  
  移乗(トランスファ)が大事
  立ち上がりが難しい方は、ベットと車いす高さをあわせて横へ移乗します。
  サイドガード(肘掛)を跳ね上げる、取り外せるタイプの車いすだと、この横移乗ができます。
  フットレストが、取り外せると、ベッドに車いすを近づけられるので、移動がやりやすいです。
 
  リクライニング・チルト
  リクライニング式では、背もたれだけを倒すので、背もたれを倒す時体が滑ってずれてしまいます。
  チルトは、膝等、座っている体の角度を保って傾ける事ができます。
   長時間車いすに座ったままだと、同じ部分に体圧がかかってしまいます。
  
  この後は、実際に車椅子介助をしたり、1人で、段差を上がったり降りたり、体験をしました。
  いろいろなタイプの車いすを体験できました。  
  
  レンタル商品の説明もありました。
 スロープは、2本のものは、レールの間に立てない危ない面があります。  
 ベットは、操作がわからない、機能を使えていない。
 一般の風呂用椅子は、膝が曲がりすぎて立ち上がれない。
   シャワーチェアーは高さ調節をしましょう。
 バスグリップは浴槽の形によって使えないケースが増えている。
 上が玄関で下が駐車場、リフトを使えませんか?という問い合わせが多い。
 
 レポートby K・O

トップページへ      活動の報告トップへ   このページのトップへ

福祉用具を見に行こう!福祉用具ってすばらしい!!
講師:広島県介護実習普及センター 芳谷PT・山岸OT


基本的なお話 
山岸OT

立ち上がり動作

車いすシーティング
の質問
飛び入り参加を無理にお願いした
「肩ブレラ」、
モデル兼井さん 、
後ろは加藤さん(HPへ)


福祉用具ってすばらしい!!
講師:芳谷伸二PT
「ある女性の座位保持装置との出会い」

「ここにスクリ−ンがあると思ってください。」
参加者は皆、見えないスクリーンを見ています。
これをごらんの皆様も、頭の中にスクリーンを描いてください。

******************************************
スクリーンはなんだか黄色い色です。
何だろう・・・・よくよく見るとそれは畳です。
薄暗い部屋の畳。
その隅の方に丸太が転がっています。
いや、さらによく見ると、それは丸太でなく毛布にくるまれて転がっている人間です。
40歳・女性・・・・

**今から50年前**
彼女は生まれたときに医師から宣言されました。
「身体機能全廃・知的機能全廃。
一生、自分で動くことも、コミュニケーションをとることもできません。」

そうして彼女は40歳まで畳の隅で、毛布にくるまって過ごすのです。

そしてある時、いつも訪問してくれる保健婦さんが
福祉用具のセミナーに参加します。
そこで保健婦さんは講師に彼女のことを相談します。
「よし、わかった。チームを組もう。」

これが、彼女と座位保持装置の出会いです。

第1回訪問「少し、全身を起こしてみようか」
「少しだけど起きれるじゃない、よかったねぇ。」

その次の訪問は
「足を伸ばした状態で、座ってみようか」

またその次は
「座れるんだったら、この椅子に車を付ければ、出かけられるよ!」

こうして、皆が関わっていくことで
彼女にも変化が。

「ねぇ、彼女は言葉がわかっているのじゃないの?」

初めは、表情から「イエス・ノー」が読み取れる。
次は・・・・
50音ボードで単語が返ってくる。

可能性の広がっていく彼女に皆の喜びが・・・・
「散歩にでてみようか!」

うん、出かけるためには洋服を買わなくちゃ。
こうして彼女のお母さんは、彼女が生まれてから初めて、
女性としての彼女の服を買いに行きます。

やがて、足も徐々に下りるようになり、ふつうの車いすへ。

もうチームとして関わることのできる期間が終わります。
彼女に聞きました。「最後に、何がしたい?」
彼女・「旅行がしたい!」

彼女はお母さんから初めて離れて大阪へ行きます。
返ってきた彼女に尋ねます。
「大阪、おもしろかった?」
「うん!!でも、もう行きたくない。」
__________________________________________________
彼女は他の人に摘便されるのが、恥ずかしくてつらかったのです。
皆は、はっとします。
PTである自分たちは彼女の身体機能のことしか頭になかった・・・
そこで、彼女が排便しやすい工夫を考えます。

ある時、彼女のお母さんから電話がかかってきます。
「でました!!出たんです!!
それも、とってもたくさん!!」
うれしくてたまらないお母さんの声が、受話器から飛び出してきました。

******************************************
ここで、スクリーンは終了です。

自分がPTとして訪問していれば、どうしただろう。
少し手足を動かして、
「これ以上すれば折れるかもしれない。この辺でやめときましょう。」
そうして、数度通い、
「お母さん、もうこれ以上は無理ですねぇ。
どうしましょう。私が訪問するととお金もかかりますから
しばらく休んで様子を見ましょうか?」

そして、2度とそのお母さんから連絡は来ないだろう。
生まれたとき宣告され、再びPTにも宣告されたと同じこと。
もう、このお母さんは一生だめだと思いこんで、
可能性を求めないのではないか。

そこに関わることの大切さを感じた。

いかがでしたでしょう、皆さんにはその映像が見えましたでしょうか?

トップページへ      活動の報告トップへ   このページのトップへ


「ADL障害の解決糸口と福祉用具・住宅改修の役割」と「座位の意義」
講師:芳谷伸二PT・山岸綾美OT

T.ADL障害の解決糸口と福祉用具・住宅改修の役割
@.身体的要素 
A.心理的要素(意欲) 
B.環境的要素(人的環境:介助者友人等 ・ 物的環境:福祉用具・住宅改修)

@・Aは本人の問題
Bは本人に関係なくADLに関与
  (本人主体で自分が使いたいように使い、自信を取り戻すきっかけとなる。
   本人に意欲がなくても、ADLを上げることができる)
@・A・Bの3要素との関わりがADLを左右する。

U.座位の意義
座位の大切さの認識が重要
まず、座位が困難となり立ち上がりや座ること・移動が困難となる。

1)寝たきりの弊害(廃用症候群)
@筋力の低下(背筋・腹筋・大腿筋等)
A心肺機能の低下
B精神機能の低下(自分が何もしなくてよい生活をしていると曜日・日にち・時間感覚が無くなる。)
C排尿障害(排尿は重力によるところが大きいが、寝た状態では重力がかからず感覚が無くなる。)

2)座る生活
@座ることにより外を見たり、外部の人とコミュニケーションを図れる。
A気道をふさがないで食事できるので、誤嚥しない。→摂取状況の改善
B立ち上がりにつながる。

3)立ち上がりの3つのポイント
@頭の動き
a・ぐっと斜めに下りる(力のない人ほど前に出る)
b・上に向いて移動して、足と同じラインになる。
   前屈みが怖くてできない人=足の力がない
    手すりを握ることで不安が減る(手すり位置は膝より前−握る位置が遠いほど頭が下がる)
    手すりの代わりに前に椅子を置く
    引っ張って立つ人か・押して立つ人かの判断も必要

A足の位置
   足下はすっきりとさせる
   足の位置は膝の真下か少し後ろ

B座る高さ
   足の裏が床についいていること
   膝の角度が直角かそれに近いこと
   (足の裏とおしりでバランスをとっている)

★自分の姿勢や行動を客観的に見て、観察すると、動作の不自然さがわかる。

トップページへ      活動の報告トップへ   このページのトップへ


福祉機器の見学

それぞれ、乗って、触って、実体験。
シーティングについての質問もありました。

リフト体験談メモ帳
スリングシートは背中から入れて、上は背中心下は尾てい骨を覆うようにかける。
お尻を少しかけて腿から足部のシートをあげ、上で交差する。
お尻のシートのたわみをとる。
シートの背の部分を一度離して背を抜く。

「肩ブレラ」
ほかの使い方や、どうすれば使い勝手がいいか、わいわいがやがや

床ずれ防止マット「そよかぜ」
通気性がよくて、褥瘡にもよい。
うん、赤ちゃんのあせもや一般的に暑い寝苦しさ・車のシートとかにもいいかも!
5月からレンタル開始

「肩ブレラ」「マット」使い方次第でいろいろと使えるのは
“まさにユニバーサルかな”

配布物:広島県介護実習普及センターパンフレット等
     福祉用具プランナー研修のご案内
     介護のポイント
     


トップページへ      活動の報告トップへ   このページのトップへ


                          脳梗塞ってどんな病気?            講師:山本京子

 

脳卒中ってどんな病気

 脳血管が詰まったり、破れて出血して、脳に酸素や栄養を供給できなくなったり、脳が破壊された病気の総称です。専門的には「脳血管障害」といいます。

脳梗塞

 脳の血管が非常に細くなったり、何かが詰まって、そこから先に血液が届かなくなり、脳細胞が死んでしまう状態

頭蓋内出血

 頭蓋骨内で起こった出血の総称。

原因としては、高血圧、血管の奇形、外傷など


脳血栓

 高齢になったりあるいは他の原因で脳の動脈硬化が進み、血管の内腔が狭くなり、ほとんど詰まるか、あるいは完全に詰まってしまう状態

脳塞栓

 心臓に弁膜症や不整脈がひどい状態で、心臓内に血の塊ができたり、または心臓から脳に行くまでの途中の血管に血栓ができ、それが脳の細い血管に詰まった状態

脳内出血

 脳の中で出血した状態

くも膜下出血

 脳のすぐ外側の内膜とくも膜の間の血管から出血した状態。若い人に起こるのが特徴


脳卒中になったら、どうなるの?

    運動障害(半身の運動麻痺、協調運動障害)

    感覚障害(皮膚感覚の障害、視覚、嗅覚、聴覚障害)

    高次神経障害(失語、失認、失行)

    精神障害(一次性障害:情緒障害、混乱、錯乱、感情失禁など)

       (二次性障害:障害受容の過程、依存、うつ傾向など)

    意識障害

脳卒中の原因から見た、住宅改修の視点は?

こんなときに脳卒中になりやすい

    排便:トイレでいきむと血圧が上がったり、その後急に下がったりするため。

 特に和式のトイレはしゃがむのでいきみが強く、血圧が高くなりやすい。

また、トイレの中が寒いのもより全身の血管を収縮させ、血圧が上がりやすい原因となる。

      したがって、@トイレは寒くしない

            Aいきまない

            Bしゃがまない  という点に気をつけてください

    ストレス、過労:

     これはむしろ、脳卒中の原因となる高血圧や動脈硬化、高脂血症に関係がある。

     →ゆったりとくつろげる空間作りが、最近はやっているようですが…

    入浴:血圧変動がよくおこる場面

     寒いと自立神経は体熱が奪われないように、体の表面の血管を収縮させます。そうすると血圧は反射的に高くなります。また、体温が上がってくることによって、血管は拡張し血圧は下がっていきます。

なので、

@脱衣所の保温

A風呂場の保温

B湯の温度調節    に気をつけましょう。

また、危険の多い場所なので、何か起こった時、対処できるように工夫しましょう。

   その他

  飲酒、タバコ、心疾患、脱水、外傷など



 参加者の感想を掲載します。

 残存能力について
  健側を100%の力で動かすと左の緊張が高まり患側に出てほしくない動きが出る。(健側の使いすぎに  注意!患側が巻き上がったら戻らないのだそうです)
  しかし、患側をまったく使わないと本当に使えなくなるのだそうです。
  ・・・患側を意識しながら使ってください。・・・
    例として トイレの時患側の手を置く台を用意する。
     手摺を連続がいいかたもいらっしゃいますが曲がる時1度縦手摺りを持つ事で患側を意識していただく。
    
 脳の廃様性症候群
  脳も体と同じで使わないと機能を失っていくのだそうです。脳に刺激をあたえ体が動けなくなった時脳も使えるように。
    例として 昔話をして思いだして泣いていただく
  ・・・なぜ笑うではなく泣く?・・・
    笑いはお愛想があるけれど泣く事は、感情そのものだそうです。
 
  病気プラスどうしたらよりよい生活が送れるか色々と勉強できました。
                                                             by K・O


                         事 例 検 討 会            講師:松本成久

    


 
住環境整備とは、身体要素、心理的要素(心)が、変わらなくとも、環境が、よくなれば、トータルとしてADLを上げることができる。(5月の定例会より)
 
 基本的に○○が、出来ないから○○できる為の改修をする、と考える。

     事例
性別・年齢 男性・74歳
世帯構成 本人・妻
住宅の種類 持ち家・一戸建て
疾患名 パーキンソン病
要介護度 要介護1
身体機能に関する特記事項
歩行や目的動作は緩慢であるが可能。日によって動作能力に変化がみられる。
頻尿でトイレの回数が多い。
生活状況 体調の悪い日は、歩行や立ち上がりが困難で、各動作に介助を要する。
住宅改修に対するニーズ
(本人) トイレの回数が多く、移動や便器の立ち座りを容易にしたい。
 (介護者) トイレ動作が徐々に不自由になり、特に便器の立ち座りに介助が必要になる時が多い。将来的なことを考えて廊下の段差解消や、トイレの改修をしたい。
住宅の現状と問題点
居室、廊下、トイレにそれぞれ段差があり、手摺は、まったく付けられていない。
体調の悪い日は、立ち座りも困難となるが、手摺はない。
 
 トイレを車いす対応に改修
@ <車椅子だから小さな段差>が難しい<車椅子で移動>できる為の改修をする。
居室、寝室からトイレまでの廊下を27mmかさ上げし、通路およびトイレ床の段差を解消した。
A
<トイレドア・開き戸では、車椅子>が、入れないそして<段差>がある。<車椅子が>使えるように改修する。
ドアを2枚引き込み戸に改修し、88mmの有効開口幅を確保した。レールは、段差ができないものとする。
B <車椅子の移動、介助>が、難しいから<移動、介助>がしやすいように改修する。
トイレ内の間仕切りを撤去し、入り口から奥にかけて横手摺,洋便器横にL型手摺を設置。
 新たなご要望
 @日中気持ちよく過ごしたい。
 A冬場の温度差(トイレに行くのにホールを通るため)
 B車椅子で外出したい。
 Cトイレの環境を良くしたい。
 
 新たな要望に対して3グループに分かれて検討
 各グループより出された意見
 ○(@)南向きの部屋で光、風を感じた生活をする。(居室の変更)   
 ○(B)縁側からウッドデッキそして1/14のスロープを設け3mの平らな所を設ける。
 ○老ろう介護となるので、汚物流しを設ける。
 ○ベットを入れてフローリングとする。
           
 講師より
 
 B・・・ デッキは、床とレベルを同じくしやすく、ローコストです。
      デッキの幅は、車椅子が回りますか?出入りしやすい幅がありますか?
   
 AC・・・玄関、ホールは、暖房をしない所であり、ガラスの引き戸だと、すきま風が入ります。
      トイレの新設を考えました。(新しい居室とする和室の脇の縁側に)
      トイレの新設する場合壁に面して作る方がローコストです。
      水周りの注意として・・・水を何処から持ってくるか?
                     排水を何処へ流すか?を考えてください。
 
 その他に・・・洗面所は、車椅子が出入りする、椅子を置くスペースを設ける為広く。
        パーキンソンの方なので転倒のこともあり、今回はたたみのクッション性を考えそのままとしました。
       スロープ・・・基準は、1/12ですが、実際にどんな感じか体験してみてください。

 住環境整備では、ご本人が、何を優先するか、何を第一目的とするかを伺う事が大切です。
 
 ******感想********
 
 便器の手摺の位置・・・便器が変われば変わる。
 便器の手摺の金具のつける位置・・・きちんと付けていただく為の寸法の入れ方。
 
       改修の考え方、ポイントを教えていただきました。                            by K・O


トップページへ      活動の報告トップへ   このページのトップへ