手スケ使用例

特 徴

福祉住環境コーディネーター協会のネットワーク会議事務局「NPO法人ユニバーサルデザイン推進協会」(通称・ゆにばっぷ)が、画期的な手摺測定器を考案しました。


手すり直径35とともに、32も予備としてついています。
    
縦手すりと横手すりを組み合わせた独自構造で、すべての形状の手すり取り付け位置の測定を可能にしています。
   
微妙な調整ができます。90cmまでの高さに対応可能です。
   
三脚固定式で、どんな場所でも手で押さえるだけでしっかりと固定できます。
   
軽量可搬式なので、あらゆる現場に持ち運びできます。
    
微妙な角度調整ができ、50°までの勾配のスロープに手すりを設置する際の取り付け位置を正確に測定できます。

チラシの写真の取り込みが明瞭でないので、見栄えをよくする前の写真も掲載しておきます。

あなたは手摺の取り付けで
困ったことはありませんか?

現地調査のその場で測定!!

現地調査の際の手すりの位置決めは、福祉住宅改修事業者の悩みの種です。
「THE 手スケ」は、対象者に取り付け施工後とほぼ同様の条件で、
実際に現場で手すりを握ってもらい微妙な位置の調整を行うことができます。
縦型・横型・L字型とあらゆるタイプの手すりの測定に利用でき、
勾配にも対応している持ち運びタイプです。





                                         












手スケ写真  手スケ写真2



お問い合わせは「福祉住環境ネットひろしま」で承っております。



手スケ問い合せ
TEL:0829−38−1242
FAX:0829−38−1084


     
トップページへ戻る  手スケ・トップへ戻る