江戸時代の時刻制度

 

ここでは江戸時代に使われていた時刻制度(不定時法)について、簡単に説明しています。歴史の研究、時代小説を読む際の参考になれば幸いです。

 

-時刻制度-

 

現在のような時刻制度を用いるようになったのは、1872年(明治5年)11月1日付け太政官布告からで、布告後は太陽の動きに合わせた『太陽暦』(グレゴリオ暦)に基づき、1年は365日、1日は24時間、何時何分という時刻表示による“定時法”になった。

それ以前の江戸時代の時刻制度については、今や旧暦となってしまった『太陽太陰暦』、つまり月の動きに合わせて1カ月の長さを29日と30日とに決め、1年=12ヶ月分の長さと実際の太陽の周期との誤差を調整するため、約3年に1度「閏月(うるうづき)」を設けて1年を13ヶ月とする暦に基づき、日の在るうちが昼で、日が暮れれば夜とし、昼夜をそれぞれ6等分し、これを一刻(いっとき)として時間を計る“不定時法”を採用していた。

当然不定時法”では、夏の昼間より、冬の昼間は短くなりその間隔も変化する。夏至の頃の昼の一刻(いっとき)が約2時間40分あるのに対し、冬至の頃では約1時間50分しかないということになる。

今日の照明環境の整った私達には不都合そうでも、照明環境の未発達な江戸時代、特に日中に戸外で作業を行う農民の多かった江戸時代には、目に見える明るさ、つまり日の出と日の入りを基準とした不定時法”の方が分かり易く合理的だったものと考えられる。

 

 

-時の言い表し方-

 

暦には現在でも「子(ね)」「丑(うし)」…という『十二支』が使われているが、“不定時法”の頃の時刻や方位の呼び方には数字ではなく十二支が当てはめられていた。これは太陽の動きで時間を計るには、その方角を読むのが便利だったことからだと考えられる。(「子(ね)」の方角を北にして、右回りに十二支を当てはめていくと分かり易い。)

さらに一刻(いっとき)を4等分して細かく表した。例えば“草木も眠る丑三つ時…”は、「丑(うし)」の一刻(いっとき)=夜中の1時〜3時を4等分した3番目のところだから、2時〜2時半までの約30分間ということになり、また、一刻(いっとき)の真ん中は“正刻(しょうこく)”といい、「正午(しょううま)」は「午(うま)」の一刻(いっとき)=11時〜13時の真ん中だから12時にあたり、“正午(しょうご)”というのはこの名残になる。

 

-数による言い表し方-

 

不定時法”による時刻の言い表し方については、干支の他に数字も使われた。

文字表示からの必要性でなく、耳で聞いて時刻を数えるために必要であったものであり、日の出前に星が見えなくなる時刻を「明け六ツ(あけむつ)」と言い、日が暮れて星が見える時刻を「暮れ六ツ(くれむつ)」と言った。そして、昼夜とも順に、六ツ、五ツ、四ツ、九ツ、八ツ、七ツ、六ツと数えた。

 

明け六ツ⇒朝五ツ⇒昼四ツ⇒真昼九ツ⇒昼八ツ⇒夕七ツ⇒暮れ六ツ

⇒暮れ六ツ⇒宵五ツ⇒夜四ツ⇒真夜九ツ⇒夜八ツ⇒暁七ツ⇒明け六ツ

 

この数え方は現代人には不思議な並びだが、易の考え方に由来している。(中国の陰陽説では、奇数を“陽”、偶数を“陰”として、特に最も大きな陽数である“9”を活力のある特別な数字としていた。)

 

《参考》

 時刻新旧対照表(中央標準時)

旧暦

冬至
11月中)

春分
2月中)

夏至
5月中)

秋分
8月中)

新暦

12月22日

3月21日

6月21日

9月23日

明六ツ

6:11

5:09

3:49

4:54

 六ツ半

7:06

6:16

5:08

6:01

朝五ツ

8:01

7:22

6:27

7:07

 五ツ半

8:56

8:29

7:46

8:14

朝四ツ

9:50

9:36

9:05

9:20

 四ツ半

10:45

10:43

10:24

10:27

昼九ツ

11:40

11:49

11:42

11:34

 九ツ半

12:35

12:56

13:01

12:41

昼八ツ

13:29

14:03

14:20

13:47

 八ツ半

14:24

15:10

15:39

14:54

夕七ツ

15:19

16:16

16:58

16:00

 七ツ半

16:14

17:23

18:17

17:07

暮六ツ

17:08

18:29

19:36

18:13

 六ツ半

18:14

19:23

20:17

19:07

宵五ツ

19:19

20:16

20:58

20:00

 五ツ半

20:24

21:10

21:39

20:54

夜四ツ

21:29

22:03

22:20

21:47

 四ツ半

22:35

22:56

23:02

22:40

夜九ツ

23:40

23:49

23:43

23:33

 九ツ半

0:45

0:43

0:24

0:27

夜八ツ

1:50

1:36

1:05

1:20

 八ツ半

2:56

2:30

1:46

2:14

暁七ツ

4:01

3:23

2:27

3:07

 七ツ半

5:06

4:16

3:08

4:01

 

 

参考:〜和時計の暮らし〜http://www.ammo.jp/monthly/0211/index.html)

 

 

【郷土研究に戻る】

【トップページに戻る】