広島県ろうあ連盟 本文へジャンプ
 


  巻 頭 2016年5月

ともに考えよう高齢ろうあ者の福祉 Part2
       
       ~日常的に高齢ろう者がふれあえる場づくりを~

私が勤めるアイラブ作業所では、通所者の約3分の1が65歳以上の方です。

高齢ろうあ者にアイラブ作業所に通いたい理由を聞くと、
「デイサービスはつまらない」
「行き場がない」
「自宅に居ても退屈」
「同じろう者と手話で話をしたい」
などのお話をよく聞きます。

全国に「ふれあい・いきいきサロン」というのがあります。
5万ヶ所もあり(平成21年度)8割が高齢者対象になっているそうです。

そのパンフレットを見ると、
老後をいきいきと暮らすには、
①人と出会って会話をし、大声で笑うこと
②出かけて行って仲間と楽しい時間を過ごすこと
③定期的に外出する機会があること。
3件が日常の生活習慣の中に組み込まれていくことが大切です、
とあります。

運営の担い手はご近所の人たちで、
市区町村社会福祉協議会が住民の自主的・自発的活動意欲を
サロン活動に具体化するためのコーディネートや支援を行っています。

町内会や自治会単位で作られ、場所は歩いて行ける範囲。
集会所や公民館、お寺や個人宅でも行われているようです。
活動内容はみんなが楽しめるプログラムで、
体操やお茶会、
趣味や技術の伝承、
近くの農園で野菜作り、調理、
パーティー、
保健師や看護師の健康チェックなど色んな活動ができます。

ところが、高齢ろう者はそういったいきいきサロンに気軽には参加ができません。
コミュニケーションの壁があるからです。

ろう者が利用できる社会資源が少ない状況だからこそ、
地域のあちこちに手話のあるふれあい・いきいきサロンがあればと思います。
私の町内会にはおそらくろう者は主人だけ。

そんなふうに、一つの町内会にろう者1人いるかいないかだと思います。

高齢ろう者が10人程度集まろうとすれば、やはり地域の範囲を広く考えなければなりません。
「ろう者の地域」というのは、「健聴者の地域」よりも何倍も広いということです。
すでに行政や社協、住民などと一緒に手話のあるサロンを作って取り組んでいるところもあります。
そういった取り組みも参考にしながら、
自分たちの住む地域でも一人ぼっちの高齢ろう者をなくしていけるよう、
どんな取り組みができるか考えていきたいですね。

                                                                                アイラブ作業所 沖本浩美



コミュニケーションが取れれば良いが
     



     東日本大震災から5年を経て3.11声明

2011年3月11日、午後2時46分に発生した東日本大震災から5年目を迎えます。
しかし、未だに将来に見通しを持てないまま厳しい生活を余儀なくされ、
体調不良や疲労からくるストレスなどが原因で死亡する人達が後を絶ちません。
また、福島第一原発事故後の放射線量の高い帰還困難区域、汚染廃棄物処理、
健康不安への対応などの課題が多く山積し、解決できない状況にあります。

このような状況の中、聴覚障害者災害救援中央本部では、
今後起こりうる災害に対して、支援できる体制を維持するため、
全国の仲間とともに防災への取り組みを強化するとともに、
2回目の岩手、宮城、福島の被災3県への訪問調査を実施しました。

訪問調査から聴覚障害者や手話関係者が
今なお仮設住宅等で不安を抱えながら暮らしている現状が浮き彫りになりました。
なかでも「実際、4年半が過ぎても『非日常』が日常化しただけで、
何も復興していない」という言葉は私たちの心に重く響きました。

また、普段からの聴覚障害者への理解促進を願うリーフレットを5千部作成して
関係団体に配布し、災害時における聴覚障害者への支援の協力を依頼しました。

さらに総務省をはじめ関係省庁には、
「手話通訳や字幕などの情報保障の確保」
「地域防災計画を策定する際の障害当事者の参画」などの要望書を手渡し、
地域防災の聴覚障害者関連事項の充実を図るよう要望しました。

各地域においても様々な取り組みが行われました。

聴覚障害者災害救援福島県本部では、
中央本部の助成を受けて「聴覚障害者防災マニュアル」を作成し、
それを基に行政などの関係機関との連携を図るよう努めました。

また、福祉避難所として滋賀県立聴覚障害者センターや
富山県聴覚障害者センターなど行政と協定を結んでいる施設も増えています。

東海地域においては、防災担当者会議を開催し、
「東海ブロック内相互支援体制の構築及び主な役割と活動モデル(案)」を作成し、
ブロック内の相互支援体制づくりに取り組んでいます。

障害者基本法やこの4月から施行される差別解消法をはじめ
手話言語条例など国や地方での法整備がされることにより、
災害時において聴覚障害者が必要とする避難を促す情報伝達手段の確保、
避難場所までの移動手段の確保、避難所・仮設住宅のバリアフリー化と
生活支援などの整備がより強化されるものと確信します。

二度と「逃げろ」という言葉が聞こえなかったということでは済まされない。
そのためにも、聴覚障害者一人一人の命を守り、安心・安全を確保するため、
全国の仲間と共に防災・減災に向けてさらに取組を強化していく決意をここに表明します。


                                                               2016年3月11日

                                                聴覚障害者災害救援中央本部
                                                    運営委員長 石野富志三郎

                                    〈構成団体〉
                                     一般財団法人全日本ろうあ連盟
                                     一般社団法人日本手話通訳士協会



 お知らせ 


2016年5月16日 巻頭を5月号に更新しました

2016年4月4日 巻頭を4月号に更新しました
                   年間予定表を2016年度に更新しました
                  「養成認定委員会より」手話奉仕員養成事業開催状況を2016年度に更新しました      

2016年3月7日 巻頭を3月号に更新しました

2016年2月10日 巻頭を2月号に更新しました

2016年1月6日 巻頭を1月号に更新しました

2015年12月10日 巻頭を12月号に更新しました

2015年11月11日 巻頭を11月号に更新しました

2015年10月16日 巻頭を10月号に更新しました

2015年9月9日 巻頭を9月号に更新しました

2015年8月6日 巻頭を8月号に更新しました

2015年7月3日 巻頭を7月号に更新しました

2015年6月18日 「定款・概要」事業・会計報告を2014年度に更新しました。

2015年6月2日 巻頭を6月号に更新しました
         「養成認定委員会より」手話奉仕員養成事業開催状況に新たな案内を載せました。

2015年5月10日 巻頭を5月号に更新しました

2015年4月9日 巻頭を4月号に更新しました

2015年3月30日 「養成認定委員会より」手話奉仕員養成事業開催状況を2015年度に更新しました。
           年間予定表を2015年度に更新しました

2015年3月16日 「養成認定委員会より」に2014年度広島県通訳者養成受講資格試験合格を載せました。

2015年3月5日 巻頭を3月号に更新しました

2015年2月5日 巻頭を2月号に更新しました

2015年1月6日 巻頭を1月号に更新しました

2014年12月15日 衆議院議員選挙公開質問を閉じました
           (一財)全日本ろうあ連盟の手話通訳入札方針を載せました。

2014年12月8日 衆議院議員選挙公開質問を載せました  

2014年12月2日 巻頭を12月号に更新しました

2014年11月6日 巻頭を11月号に更新しました

2014年10月2日 巻頭を10月号に更新しました

2014年9月4日 巻頭を9月号に更新しました

2014年8月11日 「定款・概要」事業報告・会計報告を2013年度に更新しました。

2014年8月6日 巻頭を8月号に更新しました

2014年7月2日 巻頭を7月号に更新しました

2014年6月1日 巻頭を6月号に更新しました
          全国手話検定試験に「第9回全国手話検定試験受験生のための学習セミナー」案内を載せました

2014年5月1日 巻頭を5月号に更新しました

2014年4月4日 「養成認定委員会より」手話奉仕員養成事業開催状況を2014年度に更新しました。
         年間予定表を2014年度に更新しました

2014年4月1日 巻頭を4月号に更新しました

2014年3月15日  広島県手話通訳者養成講座受講資格試験の合格者を
             「養成認定委員会より」に載せました

2014年3月4日 巻頭を3月号に更新しました

2014年2月3日 巻頭を2月号に更新しました

2014年1月7日 巻頭を1月号に更新しました

2013年12月2日 巻頭を12月号に更新しました

2013年11月1日 巻頭を11月号に更新しました

2013年10月2日 巻頭を10月号に更新しました
                    養成認定委員会よりに手話奉仕員養成講座講義編の案内を載せました。

2013年9月3日 巻頭を9月号に更新しました

2013年8月8日 巻頭を8月号に更新しました

2013年7月24日 「養成認定委員会より」 熊野町手話奉仕員養成講座の案内を載せました。

2013年7月8日 「定款・概要」にある事業報告・事業計画を2012年度、2013年度に更新しました。

2013年7月1日 巻頭を7月号に更新しました
         「全国手話検定試験」に学習セミナー会場案内を載せました

2013年6月7日 「養成認定委員会より」手話奉仕員養成事業開催状況を2013年度に更新しました。

2013年6月3日 巻頭を6月号に更新しました

2013年5月8日 巻頭を5月号に更新しました

2013年4月4日 年間予定表に手話通訳者・通訳士講座申込案内を追加しました
         新着情報に手話通訳者・通訳士講座申込案内を載せました

2013年4月2日 年間予定表を2013年度に更新しました

2013年4月1日 巻頭を4月号に更新しました